アナウンサーの書類審査を通過するための書類の書き方~その4~

こんにちは晴れ
元NHKアナウンサー・相澤静アナウンススクールの
相澤静です。

応募書類の書き方のポイントをシリーズでお伝えしています。

あなたは、応募書類にびっしりと文字を書いてはいませんかはてなマーク

かつて、私もそうでした。
「アナウンサーになりたい!!」という思いが強いあまりに、書類に小さな文字で自分の思いの丈を書いていました。

当時の書類通過率は・・・
10~20%だったと記憶していますあせる

応募書類には「隙間」を作りましょうひらめき電球

前回のブログで「見出しをつけましょう」とお伝えしましたが、見出しをつけることによって、多少「隙間」ができます。
この「隙間」が大切なのです。

どの欄も、小さい文字がびっしりと書いてある書類。
どの欄も、見出しがあって、適度な隙間がある書類。

あなたが面接官だったら、どちらの書類を読んでみようと思いますかはてなマーク

アナウンサーになるためには、もちろん、面接官を説得できる志望動機や自分の一番の売りをアピールする自己PRなど、内容をしっかりと練る必要があります。

しかし、書類審査を突破するためにまずやるべきことは「どうしたら読みやすい書類になるかはてなマーク」と考えることなのです。

さあ。
面接官の目線になって、読みやすい応募書類を書いてみましょうひらめき電球

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
黄色い花講師紹介はこちら

コース案内はこちら

黄色い花お問い合わせはこちら
announcer★olive.80.fm 
(★を@に変更して送信してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする