ニュース原稿読みが上手くなる方法

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は、ニュース原稿読みの話題です。

あなたは日頃、どのようにしてニュース原稿読みの練習をしていますか?

アナウンススクールで習った方法でやっていますか?

それとも、なにか独自の方法でやっていますか?

ニュース原稿読みの練習でもっとも効果的なのが「耳を鍛えること」です。

え?

声を出してニュースを読むことではないのですか?

そう思ったあなた。

実は、耳が鍛えられていない人はニュース原稿を上手く伝えることができません。

あなたは、自分自身のニュース読みを聞いて、どこがどうなっているということに気が付きますか?

助詞や語尾が上がっていませんか?

ニュースの最初から最後まで同じ音になっていませんか?

変な抑揚や癖がついていないですか?

外国語の習得は耳で言葉を耳で聞いて覚え、実際に話して使って身に付けていきます。

ニュース原稿読みもそうです。

まずは「このアナウンサーの読み方、いいな」と思うアナウンサーのニュース原稿読みを真似してみましょう。

録音・録画して、一字一句、そのアナウンサーと同じ読み方をしましょう。

私がお勧めしているのは、やはりNHKのニュースです(笑)。

ニュース原稿を文字起こしして、アナウンサーの伝えていることを耳で聞いて、そして、同じように真似して読む。

この方法が効果的です。

ただし。

民放のアナウンサーとNHKのアナウンサーでは、ニュース読みの指導が異なりますので、注意が必要です。

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする