【アナウンススクールを選ぶ基準】「皆が行っているから」という理由でスクールを選んではいけません

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は「アナウンススクールを選ぶ基準」についてお伝えします。

アナウンススクールは数多くあります。

東京都内のスクールですと11校、札幌市は4校、名古屋市は5校、大阪市が8校、そして、福岡市が5校(インターネットで調べてヒットした主だったスクールのみです)。

キー局が運営している大手のアナウンススクールから私のように個人でスクールをやっている方、そして、話し方教室やフリーアナウンサー事務所が運営しているアナウンススクールなどたくさんあります。

そんな数多いスクールの中で、自分に合うスクールを選ぶときの基準はいくつかありますが、一番大切にして欲しいのは、そのスクールの強みと自身の目的が合致しているかどうかです。

例えば。

多くの人が通っているのが東京のキー局が運営する大手のアナウンススクールです。

大手だけあってメリットとしては「系列局の情報が入りやすい」「現役のアナウンサーの指導を受けられる」などがあります。

しかし、受講生の多くが新卒者です。

当スクールに相談に来る社会人の方は「以前、大手のアナウンススクールに通っていたけれど受講生が新卒生ばかりで気が引けてしまった」という方が圧倒的に多いです。

また、このブログでも何度かお伝えしていますが、民放のアナウンサーの採用基準とNHKキャスター・リポーターの採用基準は異なります。

そのため、民放の運営するアナウンススクールでは「こういう風にすると合格しやすい」というものがNHKキャスター試験ではマイナスに働くこともあります。

「あなたの目的がどこなのか?」によって選ぶアナウンススクールも変わってきます。

もちろん、試験を受け始めた当初に大手のアナウンススクールに通うことはいいと思います。

なにも分からない中、仲間もできますし、情報も入りやすいですから。

私もかつてはそうでした。

しかし、もしあなたが最初から「民放ではなくNHKキャスター」と思っているのであれば、大手のスクールに通ったほうがいいかどうかはまた違う話になってきます。

当スクールでは既卒者でNHKキャスター・リポーターを目指す人を支援しているのですが、毎年、新卒の子が入学します。

それもNHKのキャスター・リポーター試験が近づいてきたり、試験が始まって、その最中に「入学したいです」と連絡をくださいます。

そしてNHKキャスターに合格して卒業していきます。

このように最初から「私の夢はNHKキャスター」と決めている方以外でも、当スクールは入学は可能です。

もし、あなたが今大手のスクールに通っているとしても、必要があればいつでもご連絡ください。

NHKキャスター・リポーター試験においては絶対的な自信があります。

なぜなら、理由は2つ。

①4年間、民放もNHKキャスターも受け続けて合格した経験から「なにをアピールすればNHKキャスター試験に合格しやすいか?」「面接でどんなことに気をつければ、最後の一人に選ばれるか?」が分かるから。

②6年間、NHKのキャスター・リポーターとして勤務していた経験から「NHKキャスター・リポーターに合格する人材はどんな人なのか?」「NHKが求めているのはなんなのか?」が分かるから。

さらに、私は大手出版社の総務人事部で採用の仕事に携わっていた時期があります。

(NHKを卒業した後に、民間の企業に就業しました)

その際に「採用者側の視点」を学びました。

「面接官がどんなことを気にするのか?」「面接官がこの質問をしてきた意図はなにか?」というようなことも学んできました。

そういった私の経験すべてをレッスンではお伝えするので、受講生の皆さんの結果に繋がりやすいのです。

「当スクールで学べば必ず合格しますよ」とは言えませんが、大手のアナウンススクールでは得られない価値を提供します。

まずは、一度、体験説明会に参加してみませんか?

http://aizawa-shizu.com/announcer/

<無料相談、随時受付中>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

<相澤静アナウンススクール体験説明会、随時開催中>

http://aizawa-shizu.com/announcer/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする