地味な仕事をコツコツやるのが「アナウンサー」です

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

突然ですが、あなたは地味なことをコツコツと地道に進めることができますか?

「アナウンサーになりたい私は、そんな地味なことよりも華やかなことが好き」

「アナウンサーって人前で話す仕事でしょう?地味な仕事とは無縁だよね?」

もし、今、あなたがそう思ったのであれば、それは大変危険です。

ズバリ言います。

あなたはアナウンサーには向いていないです。

アナウンサーの仕事は9割が地味にコツコツとする仕事、1割がテレビやラジオで話す仕事です。

決して「アナウンサー=華やかな仕事をする人」ではありません。

一般的的に「アナウンサーは華やかな職業」と言われます。

私が仕事でお会いする方に自己紹介で「元NHKキャスターです」と言うと、多くの方が「華やかな世界ですね」「芸能人やタレントさんと仕事するんですよね?」というようなことをおっしゃいます。

少し話をする時間があるとき、私は「実はアナウンサーってこんなことをするんですよ」とアナウンサーの仕事について話します。

そうすると、多くの人が「アナウンサーってそんなことまでやってるんですか?!」と驚きます。

アナウンサーの仕事って意外と地味なんですよ(笑)。

気になった話題についてトコトン調べる。

分からない言葉は辞書を引く。

事実を確かめるために電話を掛けまくる。

図書館にこもって調べる。

撮影してきたVTRの文字起こしをする。

パソコンとにらめっこして構成や台本を書く。

演出で必要な小道具を用意する。

スーパー(字幕)の発注をする。

・・・・などなど、挙げたらきりがないほど地味な仕事がたくさんあります。

そんな地味な仕事ができるかどうか。

今一度、自分自身に向き合ってみてください。

あなたは華やかな部分だけクローズアップして「アナウンサーになりたい!」と思っていませんか?

<無料相談、随時受付>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする