【相澤静アナウンススクールの特徴その3】スクール卒業後のキャリアプランを一緒に考えます

こんにちは。

NHKキャスター・相澤静アナウンススクールの相澤静です。

今日は「相澤静アナウンススクールの特徴その3」についてお伝えします。

大手のアナウンススクールは「アナウンサーとして内定すること」がゴールです。

そのため、アナウンサーの内定をいただいた後はスクールを卒業するのが通常です。

しかし、当スクールは「アナウンサーに内定した後」のキャリアプランの相談にも乗っています。

「アナウンサー」は「アナウンサー」として合格をすることから、その道が始まります。

しかし、一口に「アナウンサー」と言っても、その仕事内容は実に様々です。

好き嫌いや自分の向き不向きも実際に「アナウンサー」として働いてみないことには分かりません。

「報道希望でニュースキャスターをしたいと思って入局したけれど、実は制作系のほうが好きだった」

「取材や番組制作にも興味があったけど、実際にやってみたらニュースキャスターとしてスタジオでお伝えするほうが性に合っていた」

「スポーツをお伝えしたいと思ってスポーツキャスターの仕事を希望したけれど、中継リポーターとして自分で話題を探してお伝えするほうが楽しい」

等々、実際にやってみて分かることというのは多いものです。

私もそうでした。

私がアナウンサーを目指していたときは、安藤優子キャスターが夕方の報道番組のメインキャスターをしていたので「私も安藤キャスターのようになりたい!!」と思っていました。

しかし、仕事を始めてみたら、報道番組のキャスターよりも自分で話題を探して取材をして外から中継するリポーターの仕事のほうが好きだったり、向いていたり、やりがいを感じました。

実際にやってみて分かったら「その後のキャリアプランをどうするか?」が大切です。

「アナウンサーとしてその道のプロになるまで」ではなく「アナウンサーになった後のキャリアをどう重ねていくか?」を一緒になって考えていく。

それが相澤静アナウンススクールの最大の特徴です。

<無料相談、随時受付>

info★aizawa-shizu.com(★を@に変更してください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする